W杯の惨敗でサッカー日本代表に対して向けられる目も厳しいものとなりましたが、最近のメディアはまた期待あふれるような演出が多くなってきたようです。

理由はいくつかあります。

・アギーレ新監督の誕生
・本田圭佑の復活
・武藤・柴崎といった若手の台頭

しかし、昨日シンガポールで行われたブラジル戦は0-4の大敗でした。

テレビで少しだけ見ましたが、どうしてベストメンバーを先発させなかったのか疑問でした。

そりゃあ何かしらの意図があるのでしょうが、せっかくのブラジル戦でベストメンバーを出さなかったら今の世界のトップとの正確な距離を測ることができないのではないでしょうか。

もしかすると、アギーレ監督の頭の中には「今のベストメンバー=4年後のベストメンバーではない」という考えがあるのかもしれません。

もしそうだとしたら、「たしかにね...」と言うしかありません。

ザックジャパンのときは4年間ほとんどメンバーが変わらず、本大会ではチームに疲弊感が漂っていたように思えました。

でもアギーレジャパンもまだ始まったばかりで、真剣な試合をひとつも消化していません。

ただ日本代表にはつねに厳しい目を向けていく必要があるかとは思います。